2018年08月

創設2年で解散してしまったアクアブルースポートに何が起こっていたのか

 アクアブルースポート。今年で二年目のアイルランド籍のプロコンチネンタルチームで、ブエルタでステージ勝利したチームが、今週の月曜日に解散を発表した。 チームのマネジメント担当は、主要レースへの招待がないことが理由の一つと言っている。もちろん、〜の買収が上手くいかなかったっこともその一つだろう。ベルギーのスター選

原因は小麦アレルギー?ファビオ・アルが復調できた理由

不調の原因は小麦アレルギーだった?ファビオ・アルが復活した理由グランツールでのポディウムはおろか、2017年のツール・ド・フランス第5ステージ以来勝利がない選手に、推定3億3千万円(€2.5M)の年俸はふさわしいのだろうか?今季ジロを途中で棄権し、予定していたツール・ド・フランスを回避。7月後半になりやっとレース復帰したものの、8月のツアー・オブ・ポーラン

アクアブルースポートが解散!それに対するコナー・ダンとジョージ・ベネットの反応が対極すぎた

 

2018年ブエルタで総合優勝するのはニバリ?!22チームのホテルを比較したら面白い結果が現れた

 まず、この表↓を見ていただきたい。これはスペイン人が自身のブログで公開した、2018年ブエルタ・ア・エスパーニャに出場する22チームが宿泊するホテルの星の平均数値である。

リッチー・ポートが語る”チームスカイの倒し方” 

 「スカイのようなチームに対し仕掛けるのは難しいが、彼らの戦略は分かりきっている。速いテンポで走ってレースに勝てるなら、それを行うに決まっている。そうやってレースをコントロールするが(いまの時代の)レースの勝ち方だ。そしてスカイはそれを見事にやってのける」昨季のツール・ド・フランスでクリス・フルーム(33歳/イギリス)が総合優勝してから、ここまで

苦しむウルリッヒにランス・アームストロングが会いに行った理由

8月19日、幻のツール7連覇したランス・アームストロングのInstagramには、一枚のツーショット写真が投稿された。この男と時を過ごせて素晴らしかった。みんな知ってるように、俺はこのヤン・ウルリッヒが大好きだ。ヤン・ウルリッヒ。1997年ツール、1999年ブエルタ、二度の世界選手権個人TT(1999/2001)、シドニー五輪ロードレース金メダル。

なぜ毎年のように”強豪チーム”が解散の危機に陥ってしまうのか?

 解:収入源が広告(スポンサー)料しかないから。 自転車ロードレースは獲得賞金がチームの収入にならない特殊なプロスポーツである。例えば、7月にツール・ド・フランスを総合優勝したゲラント・トーマス

クイックステップ ”も” 解散の危機?なぜ自転車チームの経営は脆弱(ぜいじゃく)なのか

今度はクイックステップだ。 今シーズン、ここまで54勝を上げ(8/15日現在)、春のクラシックではツール・デ・フランドル、フレッシュ・ワロンヌ、リエージュ~バストーニュ~リエージュで勝利。ジロ・デ・イタリアではポイント賞、ツール・ド・フラン…

「ファッ◯・ユー!」と罵倒されたランス・アームストロングの対応が神だった!!

アメリカで大ベストセラーとなり、日本でも翻訳本が話題になった『ヤバイ経済学』のポッドキャスト番組にゲスト出演したランス・アームストロングが、アメリカで体験したエピソードを話した。浴びせられた当然の罵倒ランス・アームストロング: コロラド・クラ

Zwift(ズイフト)からプロ選手に?!オリー・ジョーンズから始まるバーチャル・サイクリングの未来

 「僕は元々スピードスケートの選手だったんだ。4歳から20歳までね。毎日が練習だったから、プロ自転車選手と変わらない生活だよ。スケートを履いていただけで」   自転車とローラー台、センサーをPCに接続することにより、オンラインゲーム

イギリスがフルームに戸惑い、ゲラント・トーマスは祝福できた理由

英語による自転車ロードレースのポッドキャスト番組では最大手である『The Cycling Podcast』にて、イギリス国内でのゲラント・トーマスとクリス・フルームの報道の違いについて話していたので、翻訳しました。 ーーーーーーー✂ーーーー…