【翻訳】2018年ツール第1ステージ直後のクリス・フルーム公式コメント

2018年ツール・ド・フランス第1ステージ。5勝目を狙うクリス・フルームは、フィニッシュ地点まで残り6km地点でカチューシャの選手に煽られる形で落車。先頭集団から51秒失う、波乱の開幕レースとなった。

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

クリス・フルーム:

「今日はたくさんの落車があった。(自分の落車は)その中の一つに過ぎない。僕たちは開幕後の数日のレースが、難しく(集団の)統制が取れないことは分かっていた。これもレースだよ。残念だけどね」

「僕たちはプロトンの三列目ほどの良い位置につけていた。チームメイトはこれ以上を求められないぐらいよくやってくれた。スプリンターたちによってかなりカオスになったけど、それがレースだ。怪我をしていなくてよかった。当たり前だけど、パリまでの道のりはまだまだ長いよ」

↑チームスカイによる公式レポート