アクアブルースポート

オーナーのリック・デラニーが語るアクアブルースポート解散の真実

自転車ロードレースでは、チームの解散は珍しくないが、シーズン途中で活動が停止するのはあまりないことだ。なぜこの事態になってしまったのだろうか?2年前に、アクアブルースポートというチームを始めたところから、話を始めなくてはならないと思う。まず僕たちはUCIに何をしたいか、どんな目標を持っているかを説明した。レース主催者にも同じ話をした。そして就任され、チームができ

解散したアクアブルースポートの選手が3T(ストラーダ)を語る

今年のツール・ド・フランスをキッカケに始まった2012年ツール覇者のブラッドリー・ウィギンスによるポッドキャスト番組『The Bradley Wiggins Show』。今回のゲストであるアクアブルースポート所属のアダム・ブライス(28歳/イギリス)が、3Tと現状について話していたので、一部を抜粋して翻訳した。  

アクアブルースポートの選手たちがオーナーを擁護(ようご)?リック・デラニーとは何者だったのか

一財産を築いたアイルランドの田舎者が、趣味の自転車レースに乗り出したが、情熱が中途半端かつ儲からないと判断したため、スポンサーとケンカしUCIやレース主催者に文句を言い、メール一本で選手やスタッフを切り捨て逃げ出した。それがアクアブルースポートのオーナーリック・デラニーに対する印象として広がっている。4年以内のワールドツアーを目指し、スポンサー型のチーム運

創設2年で解散してしまったアクアブルースポートに何が起こっていたのか

 アクアブルースポート。今年で二年目のアイルランド籍のプロコンチネンタルチームで、ブエルタでステージ勝利したチームが、今週の月曜日に解散を発表した。 チームのマネジメント担当は、主要レースへの招待がないことが理由の一つと言っている。もちろん、〜の買収が上手くいかなかったっこともその一つだろう。ベルギーのスター選

アクアブルースポートが解散!それに対するコナー・ダンとジョージ・ベネットの反応が対極すぎた

 

なぜ毎年のように”強豪チーム”が解散の危機に陥ってしまうのか?

 解:収入源が広告(スポンサー)料しかないから。 自転車ロードレースは獲得賞金がチームの収入にならない特殊なプロスポーツである。例えば、7月にツール・ド・フランスを総合優勝したゲラント・トーマス

アクアブルースポートのオーナーがUCIとASOを公開ディス?そのツイートに込められた真意とは

先日10日、2018年ブエルタ・ア・エスパーニャの出場チームが発表され、18のワールドツアーチームの他に4つのチームがワイルドカードとして選ばれた。 🇪🇦 Selección de equipos participantes en #LaV…

5年後の自転車を具現化?プロトン史上初となる3Tストラーダ(アクアブルースポート)とは

  「プロトン史上初?それとも歴史上”唯一”となってしまうのか?」   これが、今季アクアブルースポートに提供した俺たちの「3T Strada(ストラーダ)」に向けられた言葉だ。 ワイド幅タイヤ、ディスクブレーキ、電動シフト、そし…

「これはビジネスなんだ。」アクアブルースポートのリック・デラニーが語る”新しい自転車チーム”の形

  毎年のようにチームが誕生しては消えていく自転車ロードレース。 2016年は IAM と ティンコフ という二つのワールドツアーチームが消滅、2017年はキャノンデール・ドラパックが存続の危機に立たされた。そんな財政的に不安定な…