ジロ・デ・イタリア〜2018〜

「このスポーツは退屈すぎる」サガンが語る自転車ロードレースの本音

9月日に閉幕したブエルタ・ア・エスパーニャ直後のペーター・サガンにスペイン紙『エル・パイス』がインタビューし、自転車ロードレースというスポーツを「退屈だ」といったコメントが話題になっている。「例えばさ、200kmのレースだったら残り100km地点でTVをつけるよ。でもレースの展開なんていつも同じでしょ。それは残り20kmでも変わらない…。しかも残り100kmから20kmの二

【2018年自転車ロードレース】あの選手がかけているサングラス(アイウェア)一覧

ペーター・サガン  

【移籍を示唆?】 サイモン・イェーツが、2018年ジロ・デ・イタリア第19ステージを語る

サイモン・イェーツ: 「誇らしい気持ちでいっぱいだ。 開幕するまで、誰も僕がここまでの走りができると思ってい無かっただろうからね。 総合優勝は逃したけど、大丈夫。また戻ってきて勝つために挑戦するよ」 Embed from Getty Ima…

「フルームは嫌い。でもドーパーではない」ジャーナリストが語る、蔓延(まんえん)するフルーム・アレルギーの正体

  ここからみんなをクリス・フルームの旅に招待しよう。 この数日、旅に出ていた。キッカケはもちろんクリス・フルームによる第19ステージの大逆転劇だ。 感想を正直に言おう。うんざりした。もう、うんざりなんだよね。勝利するクリス・フル…

フルームがルイス・レオン・サンチェスに渡していた補給ジェルはこれだ!

フルームにサンチェスが渡していたアレ↙ 🇮🇹#Giro101 ¡Gran gesto entre Luis León Sánchez (AST) y Chris Froome (SKY)! El español recibe el abas…

フルームがメーカー名を隠してまで使いたかったサドルはこれだ!

  興奮する気持ちは分かります。あの”第19ステージの大逆転”を生んだサドル。しかも、契約しているとFi’zi:kと別メーカーのものを、ロゴを隠してまで使った…。わかる。分かります。知りたいですよね?ほしい…

「みんなレースを知らなすぎる」フルームがテレグラフ紙のインタビューに本音で回答?その真意とは

英国紙『テレグラフ』のインタビューでフルームがすごいこと言ってる… ーーーーーー✂ーーーーーー 1.昨年12月に表出したサルブタモール問題に結論が出ないまま、ジロに出場することになった事態について フルーム:断言できる。もし僕と同じ情報を持…

「まるで一口ピザだ!」ランス・アームストロングが語る現代レースのギヤ事情

第101回ジロ・デ・イタリア、3度目の休息日である5月21日(月)に放送したランス・アームストロングのポッドキャスト『THE MOVE』の「第2週目レビュー」を一部抜粋して翻訳しました。 【悲報】ランス・アームストロングが自身のポッドキャス…

ランス・アームストロングが伝説のジロ第19ステージを振り返る

ランス・アームストロング:えーっと、本当は今日、ポッドキャストを収録する予定じゃなかったんだ。 ーーボーナス・トラックみたいなものだね。 ランス:スペシャル・エディションだ。緊急事態が起こったからな。 まず最初にはっきりさせておきたいのが、…

デュムランとイェーツのタイム差どれぐらいになると思う?色んなチームの人に聞いてみた

第101回ジロ・デ・イタリアは白熱の2週目が終わり、二度目の個人タイムトライアル(34.2km)がやってきた。 注目はもちろんマリア・ローザを着用するサイモン・イェーツ(25歳/ミッチェルトン・スコット)に対して、2分11秒差の2位につける…

ミッチェルトン・スコットの躍進を支える監督マット・ホワイトが語る選手の掌握術

ミッチェルトン・スコットの勢いが止まらない。 第101回ジロ・デ・イタリアの第1ステージのそれまで課題とされていた個人TTで、サイモン・イェーツが首位と20秒差の7 位につけ、第6ステージでは逃げに乗ったチャベスと、残り1.5km地点からメ…