Zwift(ズイフト)からプロ選手に?!オリー・ジョーンズから始まるバーチャル・サイクリングの未来

 

僕は元々スピードスケートの選手だったんだ。4歳から20歳までね。毎日が練習だったから、他のプロ自転車選手と変わらないよ。僕の場合はスケートを履いていただけで

 

自転車とローラー台、センサーをPCに接続することにより、オンラインゲーム感覚で仮想空間を他のライダー達とライドが楽しめるZwift(ズイフト)

日本に限らず世界中の強豪たちと楽しめるほか、ときには有名選手と走ることも可能な全世界的なプラットフォームになっている。

そんな急成長を見せているZwiftから、プロチームの契約を獲得した選手が現れた。

ニュージランド出身のオリー・ジョーンズ(22歳)だ。

ジョーンズは『2017年Zwiftアカデミー』という、Zwiftの中で行われる大規模なサイクリスト発掘プログラムに参加した。

オリー・ジョーンズ:Zwiftで15個ぐらいのライディング(トレーニング)があった。その様子をディメンションデータのコーチが見て、10名に絞られたんだ。その後、2週間の準決勝が行われ、その内の一週間は南アフリカでのトレーニングだった」

Zwiftで総勢9,200人による6週間のトレーニングが実施され、その中からU23の上位10名が2週間の準決勝に進出。その中から最終的に3人が選出され、南アフリカで行われたマーク・カヴェンディッシュらディメンション・データの選手たちも参加する合宿に合流した。

そして2017年11月、オリー・ジョーンズがU23のチームであるディメンション・データforクベカとの契約を掴み取ったのだ。

「これは話題作りの為にやっている訳ではない」

ディメンション・データの社長ドグラス・ライダーは強調する。

「Zwiftによって世界中にいるライダーのデータをチーム作りに活用できる。もちろんZwiftでは戦術や、操作技術、現実世界のレースで必要なその他の技術は分からない。だから、今回の(ジョーンズを含め最終選考に残った3名との)合宿からは様々な生の材料を得ることができた。これは次の世代のワールドクラスな選手発掘に活かせるだろう


via Zwiftによる公式ドキュメント動画

オリー・ジョーンは現在、イタリアを拠点とするU23チーム「ディメンション・データforクベカ」に所属し、レースを走っている。

ジョーンズ:「僕は元々やっていたスピードスケートは、どちらかというとトラック競技に似ているんだ。短い距離を高い強度で走らないといけない。だからそういったロードとの違いも、僕がここ数年間で取り組まないといけない課題になるだろう。



まだ彼の自転車選手としてのキャリアは始まったばかり。しかし、これからチーム内の熾烈な競争を勝ち抜いていかなくてはならない。

でも、スケートで得たパワーをロードレースに活かせると思っている。

今後の目標を(控えめに)語ってくれた。

「うん、えっと…。うーんと、うん。と、とりあえず、近い目標としては8月14日に行われる…ツール・ド・ハンガリー(2.1)だよ。」

 

Zwiftアカデミーは今年3年目を迎え、2018年も8月6日から全世界のライダーによってプログラムが開始している。


もしかしたら、Zwiftからプロ選手へのルートが珍しくなくなるもの、時間の問題かもしれない。

 

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

 

【Zwiftに必要なアイテム】

自転車(ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクなど)
Zwiftを作動させるPCまたは、iPhone/iPad/AppleTV
スマートトレーナー単体/ローラー台+パワーメーター/ローラー台+ANT+かBluetoothLE(SMART)対応のスピードセンサー(送信機)
ANT+とBluetoothLE(SMART)の受信機

Zwift

ダウンロードはコチラから

スマートトレーナー(ANT+による送信機能が搭載)

スマートローラー(ANT+による送信機能が搭載)
ローラー台+パワーメーター
サイクルコンピュータ(ANT+送信機)

ANT+受信機(データをPC等で受信する為)

無かったら大変なコトになるヤツ