「フルームは嫌い。でもドーパーではない」ジャーナリストが語る、蔓延(まんえん)するフルーム・アレルギーの正体

 

ここからみんなをクリス・フルームの旅に招待しよう。

この数日、旅に出ていた。キッカケはもちろんクリス・フルームによる第19ステージの大逆転劇だ。

感想を正直に言おう。うんざりした。もう、うんざりなんだよね。勝利するクリス・フルームが。スカイの勝利なんて見飽きたよ。

それにスカイが発信し続けている「クリーン」のメッセージも胡散臭いし、サルブタモールだけじゃなくTUEの問題(ウィギンス)なんかも、とにかくうんざりなんだ。

だから僕の第19ステージの率直な感想は、
「どうせイカサマだろう?クリス・フルームはどうせドーピングしたんだろ?というか、そもそもジロに出場するべきじゃなかったんだ!」だった。

それら不満をツイッターの下書きに書いては…削除。これを繰り返していた。ホントに投稿しなくてよかったよ。あそこで自分を抑えられた僕は懸命だった。

 

その後、数日の間、自転車に乗って、気分を変えながらフルームについてあれこれ考えてみたんだ。冷静にかつ合理的にね。

そしたら、ある結論に至ったんだ。

 

「そもそも、クリス・フルームがイカサマをするんだったら、なぜこのジロだったんだろう?」って。

 

フルームは膨大な数の精密検査を受けていて、スポンサーがついていて、ジロに出場するだけで(成績関係なく)主催者から2.6億円も貰うのだろう?*あくまでも噂です

つまり、フルームにプレッシャーがめちゃくちゃかかっている状態で、ドーピングのリスクを背負って実行したってこと?

そんなことしたらせっかく貰った2.6億円がパーになるし、彼の立派な業績の中で、ジロをドーピングしてまで勝つ意味があったのだろうか?

「ドーピングするリスク」対「ジロを勝利するメリット(報酬)」

この2つは釣り合わないなんだよね。デメリットの圧勝だ。頭の良い人なら絶対に行わない。

これがまずひとつ、僕がたどり着いた答えだ。

 

その後に考えたのが、僕の個人的な「クリス・フルーム勝利への怒り」という問題だ。
まぁこれが僕だけではないことは、ツイッターやその他SNSを見れば明らかだよね。

 

自分の中を探って「僕はクリス・フルームの勝利の一体何に落胆しているか?」を考えたんだ。

すると、それは単純に「彼が僕の応援するチームではないからだ」ということが分かった。
応援するチームやヒーロー(選手)が勝つ。それはスポーツを観るファンには最もベーシックな心理だからね。

 

もし君がクリス・フルームのことが嫌いで、彼の勝つシーンなんて観たくなくて、ドーパーだと思っているなら、ソファに腰かけて自分に正直になってみてほしい。

「フルームのライディング・フォームがかっこ悪い」以外で、フルームを嫌いになる理由はあるのか?、と。

人によっては「大好きなアルベルト・コンタドールをボコボコにした」からフルームが嫌いっていう理由もあるだろう。

「スカイが一番お金持ちなチームで、自転車界に新しく現れたイギリスの手先だから(鼻持ちならない)」という理由とかね。

あとは、スカイがどこか胡散臭かったり、気取っていたり、空気を読まなかったり、そのくせとにかく勝ちまくるし、優秀な選手で集団を抑える退屈な戦術だし…

 

それが、それらが、君がクリス・フルームが嫌いな理由?

 

もしそうなら、それでいい。

何の問題もない。

 

僕もクリス・フルームはかっこ悪いと思ってるし、コンタドールが大好きだから共感するよ。
それに「ずっとサイクルコンピュータを見つめながら走る姿が気に入らない」からね。

 

このように、クリス・フルームの嫌いな所ならいくらでも挙げられる。挙げればキリがない。

 

でもね、

 

だけど、だ。

 

これら「クリス・フルームが気に食わない理由」と、「フルームは第19ステージはドーピングしたはず」という理論には大きなギャップ(隔たり)があるんだ。

現時点でクリス・フルームがジロでイカサマをした証拠なんて何もないんだからね。

 

僕はフルームやスカイが嫌いだ。なぜだか分かる?

それは、彼らが僕の応援するデンバー・ブロンコス(コロラド州デンバーのアメフトチーム)じゃないからだ。

 

でもそれがクリス・フルームがドーピングした証拠にはならないんだよ。

 

そもそもサルブタモールってなに?

その喘息薬に「フィネストレ峠から80kmを単独で逃げ切る」ほどの効果があるの? 僕はそうは思わない。

サルブタモールには「ライバルたちが逃げを容認してくれて、追わずに後ろで待ってくれる」効果まであるワケ?そんなわけないでしょ。

 

 

そういうこと。

そういうことなんだよ。

 

 

 

 

あっ、あと「フルームのとんがった肘が弱っちくて嫌い」ってのもあったね。

 

 

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

語り手:VeloNews編集長 Frederick Dreier (@freddreier)

翻訳部分は35:28〜

【追記】
2018年7月2日、UCIはクリス・フルームのサルブタモール問題に関する手続きが終結したと発表。つまり同選手は正式に2017年ブエルタ、2018年ジロの総合優勝であることが認められ、2018年ツールにも予定通り出場する。