ランス・アームストロングがイスラエルに来る!ジロの「現地観戦宣言」も、主催者はすぐさま拒否声明を発表

肩の荷が下りた反動でしょうか?ランス、ジロに行く気満々です。

今回のポッドキャストは4月22日に行われた「リエージュ~バストーニュ~リエージュ」のレビュー回だったのですが、報道されたそれ以外の箇所を抜粋して翻訳しました。

ーーーーー✂ーーーーー

ーー色々と、お疲れさま。

ランス・アームストロング:ありがとう。ホントに疲れたよ。でも、もう自由の身だ。

ーー長かった一件が片付いたわけだが、リエージュの話をする前にジロの話をしようか?

ジロについてはホント沢山の人に聞かれるんだ。昨夜、「ポッドキャストでジロは取り上げるのか?」って聞かれたんだ。それも知らない奴にだぞ?

だからこう答えてやった、

「もちろん。イスラエルから配信するんだ

ってな。

ーーえっと、誤解が生じないようにハッキリさせておこう。昨年のツールの後、君は「ジロにもブエルタにも行かない」と宣言したよね?どんな心境の変化があったの?

ジロは正直、(毎ステージのレビューではなく)週一回の放送にしようかと考えていたぐらい興味がなかった。だが、開幕地がイスラエルと聞いてワクワクしたんだ。

ツールがフランス以外のドイツやオランダで開幕することは多いが、イスラエルぐらいヨーロッパから離れた国で開幕するのは珍しい。これは凄いことだ。歴史的なイベントになる。

イスラエルでは三日間レースが行われ、エルサレムでプロローグ、第二ステージはテルアビブ、第三ステージはベエルシェバだ。これはイスラエルに行く最高の機会だとは思わないか?

ーー(当初の計画からすると)凄い心境の変化だな。

俺に何ができるのか、考えた結果だよ。

ーーーーー✂ーーーーー

ジロ主催者「我々はランス・アームストロングを歓迎しない」

ジロ・デ・イタリアを主催するRCSスポートのディレクターパオロ・ベリーノ24日、「ランス・アームストロングはUCIによって自転車競技を永久追放されている。そんな人間がUCI主催のイベントで何かやろうなんて絶対にあってはならない」とコメントを出した。

さらにベリーノは「自転車界にランス・アームストロングは存在しいない。彼はこの世界から消滅したんだ」

「レースを観るのも番組を収録するのも自由だが、われわれが管理するエリアでは認めない」

と、ランスを歓迎しない姿勢を明らかにした。

ーーーーー✂ーーーーー

ーーじゃあそろそろ本題の「リエージュ~バストーニュ~リエージュ」について話そう。

クソつまらないレースだったな。

ーーまたクイックステップが勝ったね。ホントに強い。

でも、これで奴らのシーズンは終わりだ。春のクラシックを勝つ為だけのチームだからな。任務遂行だ。まだ4月なのに27勝もしているんだぞ?もう残りのシーズンで勝てなくても誰も何も言わないだろう。もしスポンサーが文句言ってきたら、スポンサーをクビにすべきだ。それぐらいの成果だ、これは。

ーーーーー✂ーーーーー

ポッドキャストのYoutube動画はコチラ