「ファッ◯・ユー!」と罵倒されたランス・アームストロングの対応が神だった!!

ランス・アームストロング:

コロラド・クラシックのポッドキャスト収録の為に、コロラドの街を歩いていた時の話だ。

レース会場に向かうためUber(配車サービス)を呼び、地元のこじんまりとしたバーの脇を通ったら、テラス席の客が俺に気づき「ランス!」と声をかけてきた。

いつもだったらそいつは「調子はどうだ?」と続き、俺が「いいぜ!最高だ!」と返して終わるやり取りのはずだったが、

そいつは突然、

「ファックユー!」

って言ってきたんだ。

さらに「ファックユー!ファックユー!ファックユー!」と狂ったように繰り返してきた。

そしたらテラスいたすべての人間が、

「ファックユー!ファックユー!ファックユー!」

と呼応したんだ。そしてそれは大合唱になった。

そんなこと初めてだったから「どうすればいいんだ…」って震えたよ。



とりあえず急いで車に飛び乗ったのだが、会場に到着してもショックのあまり、何もできなかった。

だが、自問自答の末に「お前はランス・アームストロングだ。この状況をなんとかしなければいけない。このまま放ってはおけない」という結論に至った。

だからそのバーに電話して、店のオーナーに繋いでもらった。

彼にいま起こったすべてのことを事細かく説明したんだ。

そしたらオーナーは「申し訳無い。とても残念だし、二度と起こらないことを祈る」と言ってくれた。

だが、俺は「頼みたいことがある。これが俺のクレジットカードの番号だ。これであいつらの所まで行って、奴らが飲み食いしているすべてを支払ってくれ。そして、俺が ”お前らに言い分は理解した” ということを伝えてほしいんだ」と頼んだ。

10年前の俺だったら、柵を飛び越えて殴りかかっていた。

だが、これが2017年の夏の俺が思いつく、一番良い方法だった。

俺を罵倒する人々に対して「分かった。言いたいことは理解した」と伝える為にはな。

 

初めての経験だったが、明日また同じことが起こるかもしれないし、あと何百回も同じことが起こるかもしれない。

でも、これが、いまの俺の生き方だ。

 

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

 ランス・アームストロングは2018年4月、ドーピング違反に関して米連邦政府を欺いたとする訴訟で500万ドル(約5億4000万円)の和解金を支払い合意。これで現役時代から引退するまで続いた薬物違反騒動に関して、一応の決着がついた。

・翻訳した音声はコチラ