自転車ロードレース版”駅伝”が来年ヨーロッパ選手権で爆誕?!

Embed from Getty Images

日本人の大好きな駅伝が自転車で見れる!!…かもしれない。

ヨーロッパ自転車連合(UEC)は、今季限りで終了したチームタイムトライアル(TTT)の代替として「国別男女混合リレー」を行うと発表しました。

男子3名から女子3名へ

すべての詳細は明らかになっていませんが、一周14kmのコースを男子選手3名が先に走り、そのあと女子選手3名へバトン(?)を渡し、男女の最後尾だった二名のタイムを加算して、最も少なかった国が優勝というレースになるそうです。

なぜ男女混合リレー?

Embed from Getty Images

発案者は昨年の就任以来多くの賛否を集めているUCI会長のダヴィ・ラパルティアン

フランス・サルゾー市長という二足のわらじを履くラパルティアンは、この男女混合リレーを将来的にオリンピック競技に加えたいようで、なぜならICO(国際オリンピック委員会)が男女平等をアピールできる種目を増やしていきたいから。

つまり、ICOにすり寄っていきたいUCI(というかラパルティアン)はこの絶好機を見逃すわけには行かないため、この種目の採用にいたったというわけです。

今後どうなる

ラパルティアンはこの混合リレーを、今季限りで終了したチームTTの代わりとして世界選手権に加えることを目指していたのですが、来年はさすがに調整が難しく断念。それならばと、より意見の通りやすい欧州選手権で行うことになりました。

その他にも女子レースの地位向上など理由があるのですが………

 

 

 

 

靴下の長さルールの厳密化なんてどーでもいいからこういう面白いこと沢山してこうぜ、ラパルティアン!!