ジロに挑む「多国籍軍チーム・スカイ」の出身国クイズ

5月4日(金)に開幕した『第101回ジロ・デ・イタリア』に挑むチーム・スカイ。チームの本拠地こそイギリスですが、選手の出身国はあまりにも多様。クイズで多国籍軍チーム・スカイを予習しましょう!

ーーーーー✂ーーーーー

クリス・フルーム【エース】

イギリス/32歳(#181)。ケニア生まれで南アフリカでプロデビューし、2008年イギリス自転車競技連盟に登録を移した。ツール、ブエルタ、そしてジロと”トリプルツール”を目指す。

ダビ・デラクルス【山岳】

スペイン/28歳(#182)。今季クイックステップから移籍してきた実績あるクライマー。先日フルームと出場した「ツアー・オブ・アルプス」では十分にその力を見せた。目標は母国ブエルタでの総合上位。

ケニー・エリッソンド【山岳】

フランス/26歳(#183)。22歳の時にブエルタ”アングリル”で勝利。FDJ育ちのピュアクライマー。今回がフルームの為に走る初のグランツールとなる。

セルヒオルイス・エナオ【山岳】

コロンビア/30歳(#184)。コロンビアの高地出身のおかげで血中のヘモグロビン濃度が異常に高い特異体質の持ち主。山岳が厳しければ厳しいほど頼りになるフルームの右腕。

ヴィシル・キリエンカ【平坦】

ベラルーシ/ 36歳(#185)。元TT世界選手権王者のルーラー。フルームのボディガード兼、あらゆる地形に対応可能な何でも屋。愛称は”ロボコップ”。

クリスティアン・クネース【平坦】

ドイツ/37歳(#186)。ルーラーだが登りの入り口まで仕事が可能。「キリエンカ&クネース」のコンビで2017年ツール制覇に貢献した。

ワウト・プールス(ポエルス)【平坦】

オランダ/30歳(#187)。昨季ブエルタではアシストながら総合6位に入った最強山岳トレインの一人。イギリス人記者が「もしフルームが出場停止になったらツールのエースは誰になるか?」という質問に「ポエルス!」と即答するほどの可能性を秘める。

サルヴァトーレ・プッチョ【平坦】

イタリア/28歳(#188)。スカイ創立時からの生え抜き。今回チーム唯一のイタリア人。今回で5度目のジロ出場になる経験でフルームを支える。

ーーーーー✂ーーーーー