2019年10月

そろそろベスト・オブ・黒歴史を決めませんか?

黒歴史。それは消したい過去、忘れ去りたい記憶、目を覆いたくなるような歴史。GCNのテック担当Cillian Kellyが突如とし自身のツイッターで「プロサイリングの黒歴史(ridiculous thing in professional cycling)

ツイッターでサム・ベネットの移籍先がバレる?!

10月24日に来年ジロ・デ・イタリアのコース・プレゼンテーションが行われ、〜・〜で開幕することが発表された。それに合わせて今年7度目のグリーン・ジャージを獲得したペーター・サガン(/歳)が、自身初となるジロ出場も公表された。サガンが来年ツールに出場するか、はたまた今季大活躍した新鋭〜がツールのポイント賞を狙うのは不透明だが、気になるのは同チーム所属するいまだ移籍先が決まって

「36kmしかTTがない、悲しきツール」をランスが語る

10月16日フランス・パリで行われた2020年ツール・ド・フランスのコース・プレゼンテーション。南フランスを中心に、国を代表する5つの山岳地帯すべて通る過酷なコースに、4度王者のクリス・フルームは「」とコメントした。幻の7連覇者であるランス・アームストロングは、このコースをどうみたのだろうか?自身のポッドキャスト番組でその印象を語った。「36k

世界選手権で見えたフロントシングルという未来

ディスクブレーキの次は、フロントシングルがくる?トレックに所属する弱冠23歳の新星マッズ・ペデルセン(デンマーク/23歳)が、トレンティンとのスプリント勝利を制し、2019年の世界選手権ロード王者に輝いた。今シーズンはジロを総合優勝したリチャル・カラパスをはじめ、ツールをエガン・ベルナル、ブエルタではポガチャルが総合〜位、そして欧州選手権個人TTで優勝した

なぜローハン・デニスはメリダを嫌ったのか?

9月29日、バーレーン・メリダがローハン・デニス(オーストラリア/29歳)との契約解除を発表した。デニスはBMCの解散とともにバーレーン・メリダに今年移籍して、2年契約があと1年残しての退団となった。バーレーン・メリダの公式発表によると契約解除は9月13日で、発表がこの時期になった理由を「世界選手権への準備の妨げにならないため」と説明した。来年のチームを探