「怖かった。」リードアウト職人が掴んだ、4年振りの勝利

その場には、似つかわしくない言葉だった。

132kmのショートステージとなったツール・ド・ヨークシャー第2ステージ。

平坦ではありながら細かい起伏の多いステージを制したのは、カチューシャのリック・ツァベル(25歳/ドイツ)。自身としては4年ぶりの勝利だった。

路面が濡れ悪条件の中、残り9km地点で逃げを吸収したメイン集団はスプリントを開始。

「ラスト5kmは本当にカオスだった」

「何回か落車しかけた。でも、自分でも分からないけど残り500mで良いポジションにつけたんだ。ラスト200mの標識が見えたからロングスプリントができると思って、飛び出した。誰かに捕まるかもしれないけど、行ってみようと。」

エーススプリンターであるマルセル・キッテルの代わりにチームの勝利を託されたツァベルは、集団後方から残り120mの緩い傾斜のある左カーブでライバルたちの前を左から右に横切るように先頭にたち、残り100mを切った辺りで自転車1台分の広げ、勝利した。

怖かった。

Embed from Getty Images

「ラスト50mは、とても怖かった。

レース直後のインタビューでツァベルは、少し疲れた顔でこう答えた。

「僕はいつも勝つような選手じゃないし…でも、今日は勝てるかもしれない。でもやっぱり後ろから誰か来るんじゃないかと、怖かった。

Embed from Getty Images

勝利直後のインタビューで、選手が話す内容というのはある程度決まっている。たいていは勝利の喜びや、チームメイトやスタッフへの感謝、レースの総括、勝利を受け入れきれない戸惑いなどだ。

しかしこの時、ツァベルは冷静にインタビュワーの目を見ながら、「怖かった」と二度繰り返した。

ツール・ド・ヨークシャーはレースランクで言えばHC(オークラス)。ワールドツアーチームはカチューシャを含め4チームしか出場していない。

スプリンターもカヴェンディッシュこそいたが不調なのは明らかで、その他もボーイ・ファンポッペル(31歳/ルームポッド)やクリス・ローレス(23歳/イネオス)と、ツァベルの実力持ってすれば怖れるような選手ではない。

ジールシュマーツ

Embed from Getty Images

ドイツ語にはジールシュマーツ(zielschmerz) という言葉がある。

これは「欲しいものを手に入れることに対する怖れ」を表す表現だ。

いざ求めていたものが手に届きそうになると、憂慮してしまうことを言う。

今季のカチューシャは、同月に開催されたパリ〜ルーベでニルス・ポリッツによる大躍進の2位があったものの、ここまでたったの1勝しかできていなかった。

このレースでキッテルの代わりにエースを任されたツァベルには、勝利が求められていた。

「だから、一位でフィニッシュラインを越えた時、ホッとしたんだ。」

「今シーズンは序盤で鎖骨を骨折して、それなのにここヨークシャーで勝てたのは、信じられないぐらい嬉しいよ。」

世代交代

カヴェンディッシュを中心に、クリストフやグライペルが牽引してきたスプリント界は、希代のスターことペーター・サガンやキッテル、ヴィヴィアーニの登場で世代交代が行われた。

しかし昨年から今年に入り、ユアンやガビリア、ルーネウェーヘンといった25歳以下の世代によって、早くも取って代わられる兆しを見せている。

 

普段は導く役割である勝利を周囲から求められ、自ら仕掛け掴んだ勝利。

だからこそ、手に入りそうになるフィニッシュ手前50mで、ツァベルは怖れを感じたのだ。

 

5月9日にカチューシャはマルセル・キッテルのチームと競技からの離脱を発表。カチューシャはチームの顔であるエーススプリンターを失った。

スプリンターの新時代はまだ始まったばかりだ。そして、そこに25歳のリック・ツァベルの席も用意されている。

リードアウトによって勝利を導いてきたツァベルの、求めるものはそこある。

Embed from Getty Images