コレってアリなの?E3で「ハの字」に広がり過ぎたハンドルバーが発見される!

3月29日(金)にベルギーで行われたE3ビンクバンク・クラシック。

ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク)の大活躍によりゼネク・スティバル(チェコ)が勝利し、ドゥクーニンク・クイックステップはワールドツアーのクラシックで4勝目を上げた。

ドゥクーニンクによる見事なチームワークの他にも、ペーター・サガンのサムズアップや、解説していた土井雪広氏による「これで(スティバル)負けたらクビでしたね」などの名言も生まれ、地味クラシックという評判に反して大いに盛り上がった E3・ビンクバンク・クラシックだったが、その裏でファンの注目を集めた選手がいた。

ハの字ハンドル

オランダのルームポット(プロコン)に所属するヤン=ウィレム・ファン・シップ(24歳/オランダ)だ。

Embed from Getty Images

194cmと長身のファン・シップは、トラック選手としても今年3月に行われたトラック世界選手権にも出場し、ポイントレースで金メダルにも輝いた有望な若手選手である。

しかし、注目を集めたのは彼…ではなく、彼の握るハンドルの形状だった。

そう。とても、ワイドなのだ。

Rings and rubber: Cobbles tech gallery from E3 BinckBank

驚くほど ハの字 かつ、内側にグイッとネジ曲がっている。

この変形ハンドルにはロット・スーダルのアダム・ブライス(29歳/イギリス)も驚きツイートしている。

なんでこんなバンドルが認められて、ロングソックスがダメなんだ!?

*UCI(国際自転車競技連合)は、今季からソックスの長さ規定を厳格化した。

ハの字ハンドルを使う理由

そもそも、なぜヤン=ウィレム・ファン・シップはこの”ハの字”ハンドルを使うのだろうか?オランダメディアのインタビューに対し、同選手はこう答えた。

「自転車に乗っていると、自然と手首が内側に傾くんだ。でも、それは良くない乗り方だと思っていた」

「しかし、計測してみたら効果的だったんだ。空気抵抗も少なくて、同じスピードで走るのに10〜15ワットも節約できたんだ」

「僕はとても大きい(194cm)から、長く、深いハンドルが欲しかった。でも、ロードバイクには短いものしかなかった」

そこでファン・シップは自ら理想のハンドルの設計図を制作し、それをチームスタッフに送ったところ、2つのプロトタイプが製作された。
設計図と呼ぶには雑すぎて面白い

しかし、プロトンの中にはその独特すぎる形状に反対する選手もいるようだ。

「パリツールを走っていたら突然、ボワッソンハーゲンが横にやってきて『普通ハンドルにしろ!』と悪態をついてきたんだ」

 

激しい戦いが繰り広げられている春のクラシックだが、是非ともルームポットのオランダ人(のハンドル)にも注目したい。

めっちゃくちゃデカいので、すぐに見つけられるはずだ。

Source: VeloNews, sporza.