3T

世界選手権で見えたフロントシングルという未来

ディスクブレーキの次は、フロントシングルがくる?トレックに所属する弱冠23歳の新星マッズ・ペデルセン(デンマーク/23歳)が、トレンティンとのスプリント勝利を制し、2019年の世界選手権ロード王者に輝いた。今シーズンはジロを総合優勝したリチャル・カラパスをはじめ、ツールをエガン・ベルナル、ブエルタではポガチャルが総合〜位、そして欧州選手権個人TTで優勝した

解散したアクアブルースポートの選手が3T(ストラーダ)を語る

今年のツール・ド・フランスをキッカケに始まった2012年ツール覇者のブラッドリー・ウィギンスによるポッドキャスト番組『The Bradley Wiggins Show』。今回のゲストであるアクアブルースポート所属のアダム・ブライス(28歳/イギリス)が、3Tと現状について話していたので、一部を抜粋して翻訳した。  

5年後の自転車を具現化?プロトン史上初となる3Tストラーダ(アクアブルースポート)とは

  「プロトン史上初?それとも歴史上”唯一”となってしまうのか?」   これが、今季アクアブルースポートに提供した俺たちの「3T Strada(ストラーダ)」に向けられた言葉だ。 ワイド幅タイヤ、ディスクブレーキ、電動シフト、そし…