【2018年】TREK(トレック)ロゴが巨大化した理由

ゲラント・トーマスの総合優勝で幕を下ろした2018年ツール・ド・フランス。開幕前日の7月6日に、TREKの2019年モデル『MADONE SLR(マドンSLR)』が発表された。

ディスクブレーキが導入され、トップチューブには調整式IsoSpeedが搭載されるなど、最高傑作とまで言われた前作のMADONE9を越える最先端のエアロバイクへと進化した。

しかし、なにより一番注目を集めたのはダウンチューブにあしらわれたロゴの大きさ!!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trek Bicycleさん(@trekbikes)がシェアした投稿

デカい!

Embed from Getty Images

デッカい!

Embed from Getty Images

ドデカイ!

Embed from Getty Images

!!

自転車ロードレースで「大きいロゴ」で思い出されるものといえば、2014年のロット・ベリソル(現ロット・スーダル)のジャージ。

Embed from Getty Images

これまたデカい。

Embed from Getty Images

角度が悪いと読めないぐらいデカい。

ロット・スーダルではイマイチ定着しなかったこのでかいロゴだが、この巨大化の裏にはどういった思惑があるのだろうか?

 

専門家によると、このブランド・ロゴを大きくする傾向はファッション界のトレンドであるようだ。

朝日新聞デジタルの記事によると…

バブル景気に沸いた80年代や90年代に盛り上がった「ロゴ・ブーム」の再来だ。(中略)今年6月、パリで開かれたメンズコレクションで、ヴァレンティノは全身にブランド名が入っログイン前の続きた上下そろいの服を披露。近年はウィメンズのランウェーにもロゴがあふれている。

(中略)

一時は衰えたロゴ入りの服が、再び増えたのはなぜか。京都精華大の蘆田(あしだ)裕史・専任講師(ファッション論)は、写真を使ったSNSの発達などインターネットの影響があるとみる。

 パソコンやスマートフォンの画面では、立体的な服も平面でしか認識されず、着心地のよさもわからない。一方、ロゴは記号性こそが特徴で、「インスタグラム全盛の現在、画像で見てわかりやすいロゴが再び流行したのは極めて自然」と分析。(太字引用者)

つまり、

SNSの発展により、より分かりやすくロゴを全面に押し出したデザインが好まれはじめた、

のである。

たしかに、他のメーカーのバイクと並べてみても、TREKという文字が目に飛び込んでくる。

Embed from Getty Images

小さくて読めないキャノンデールに比べると明らかだ。

Embed from Getty Images

TREKだけ読める。

今年、自転車ロードレース界ではディスクブレーキが本格的に解禁され、各メーカーがディスクブレーキ普及に本腰を入れ始めた。またフロントシングルのエアロバイクがプロ史上初の勝利を上げるなど、メカニック面では毎年新しい変化をみせている。

しかしその変化はメカニックに限った話ではなく、このTREKのデザインをはじめ、実売店を持たないCANYON(ドイツの自転車メーカー)が昨年本格的にアメリカ進出を果たすなど、時代のトレンドに合わせた興味深いアダプテーション(適応)が起こっているのだ。