「コフィディスにツールを走る資格はない!」ランス・アームストロングによる2018年ツール第3st評

 

ツール第3ステージのチームタイムトライアルではBMCレーシングが勝利を収め、マイヨジョーヌはサガンからGVアーヴェルマートの手に渡った。

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

 

ーー今日は強いスカイやBMCが見られた。しかし、一方で君は弱いチームにがっかりしていたね?特に優勝候補に挙げていたヴィンチェンツォ・ニバリのバーレーン・メリダは良くなかった。

ランス・アームストロング:その前に、データによるとフルームは今日のステージで45秒の間、先頭を引いたらしい。45秒は短く思えるかもしれないが、全速力の45秒はとても長い。より長く先頭を引くことでタイムを稼ぎたかったのだろうな。

ーーフルームの話をするならば、今日のブーイングについて触れておきたい。観客は今日もフルームのスカイに向けブーイングをしていた。チームTTを走る選手となればとても集中しているから、ブーイングなんて影響しないと思うのだけど、実際の所どうなんだい?

ランス:フルームは面皮が厚いから問題ないだろう。それにチームメイトも同様だろう。影響なんかないだろう。

ーーなるほどね。思った通りだ。それじゃ、今日イマイチだったチームについて話そう。

 

WEDŪさん(@wedu.team)がシェアした投稿

チームTTの結果をメモするランス・アームストロング 

ランス:ヴィンチェンツォ・ニバリは…俺はまだ優勝候補だと思っているし、それを変えるつもりもない。バーレーンにしては良くやったという意見もあるのかも知れないが、正直、酷いものだった。第1ステージでクリス・フルームに対し稼いだタイム差がもうなくなってしまったのだからな。むしろいま総合順位では抜かれている。

それにラスト8〜10kmを4人で走っていた。時間で言ったら20分ほどだ。その区間で一人に何か起こったら、どうしたんだろうな?リスクが大きすぎる。何しているんだまったく。

ーー結果的に何のトラブルもなくフィニッシュできたけど、一歩間違えれば惨劇になっていたよね。

ランス:バーレーンは1分6秒失い、同様にバルデ率いるAG2Rは1分15秒を失った。モビスターは54秒だ。

ーー君はコフィディス(ランスの古巣)についても一言あるように見えたけど?

ランス:コフィディスなんてチーム…今日走っていたっけ?たぶんコフィディス相手なら、トム・デュムラン一人でも勝てるだろうな。

いや絶対デュムランの方が速い。保証するよ。8人がたった1人に負けるようなチームは、ツール・ド・フランスにいるべきじゃない。

ーーマイヨジョーヌのサガンは、途中で遅れてしまったね。何があったのかな?

ランス:マイヨジョーヌを祝うパーティーで楽しみすぎたんじゃないか?表情が悪すぎた。ちょっと心配だな。



Embed from Getty Images

ーー今日のローソン・クラドック(EFエデュケーション/アメリカ)はどうだった?

ランス:チームTTの日にMVPなんて選べないが、今日は間違いなくローソンだったろうな。正直、今日ヤツが時間制限内にゴールできるとは思っていなかった。肩甲骨を骨折した状態だぞ。全ての振動に痛みが伴っただろう。そんな経験したことないし、これからもしたくない。

なのに、ヤツはちゃんとローテーションに加わっていた。すげーことだ。そして見事時間制限に免れた。間違いなく昨日に続き、二日連続のMVPだ。パチュロン・テキーラ(番組のスポンサー)賞だ。

それを昨日、受賞をローソンにメッセージで伝えたら「それって無料でテキーラ貰えるの?」だって。笑わせてくれるぜ。

ーーそれはいい痛み止めになるかもね。笑

ランス:そーなんだ。自転車選手は昨日言ったように、飲めない薬が多すぎるからテキーラで酔っ払うのが一番いい方法かもしれない。もちろんパチュロンのな。

ーー話は変わるけど、ツールに来ているチームの中には、総合順位を狙っていないチームがいくつかある。彼らは何をしにツールを走っているの?

ランス:そりゃ辛辣な質問だな。「何しにきてるんだ」ってか?

3週間は長いから、逃げ勝利が生まれるステージもある。運が良ければステージが取れる。それを狙っているんだ。

ーーなるほどね。

ランス:あっ、今日はチャリティ・ゴルフの大会があるんだ。最後にグッドラックと幸運を祈ってくれるか?

ーーグッドラック!

ランス:ありがとう。また明日!

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

一部を抜粋し、多少の意訳を加え、翻訳した音源はコチラ↓


・ランス・アームストロングのことを知りたい人はコチラ↓

これを発売直後に読んでいた人はまだ、後にツール7連覇して全て剥奪されたと知らなかった、と思って読むと尚おもしろい。

・ランス・アームストロングの暗部を知りたい人はコチラ↓

著者であるハミルトンの言っていることが全て事実ではない(らしい)けど、大体合ってるらしいってのがまた面白い。