【激白】ゲラント・トーマスがツール中にキレた理由を明かす

Embed from Getty Images

2018年ツール・ド・フランスを総合優勝したゲラント・トーマスが、英ガーディアンのインタビューにで、ツール期間中のチームに対する憤りを赤裸々に話した。

ーーーーーーーーーーーーーー

2018年のツールは波乱の幕開けだった。

第1ステージで前年の覇者フルームが残り10km地点あたりで落車。深刻なケガさえなかったものの、トップと51秒差とタイムを失ってしまったのだ。

平坦コースの第2ステージが終わり、トップとフルームのタイム差は依然として51秒。一方ゲラント・トーマスは総合勢の中では実質トップの15秒差だった。

しかし、第3ステージのチームタイムトライアル(35.5km)を前にして、チームはトーマスに「君がパンクしても他の選手を助けにいかせない」と告げたのだ。

(それを聞いた時)座っていて頭がクラクラしたよ。

それはちょっと最低じゃないか?クソ野郎どもが!俺を待たないとか…正気か?

直前のドーフィネで総合優勝をしたゲラント・トーマスは、5勝クラブ入りを目指すフルームとのダブルエース体制と言われていた。しかし、スカイのエースはこの時点でも明らかにフルームだったのだ。

僕は(フルームと同じく)チームはが守ってくれるべき選手だと思っていたから、腹が立ったよ。

だけどチームが適当に下した決断ではない。チームスタッフたちが熟考して議論した結果だ。もちろん文句を言ったが「だめだ」と言い返された。それならば、その現実を受け入れなければいけない。

パンクの可能性は限りなく低いが、起こったらクソな状況であることには変わりない。少し落胆したが、諦めたよ。

だが、トーマスに待ち受けていた厳しい現実はこれだけではなかった。

Embed from Getty Images

今大会で一番の難関ステージと言われた石畳の第9ステージ。ここでもフルームは落車、しかし無事トーマスともに集団内でフィニッシュした。

この時点でトーマスは、トップのヴァンアーヴェルマート(BMC)と43秒差の2位。フルームは1分42秒差の8位だった。

事件はその晩のホテルで起こった。

泊まったホテルがとても暑かったんだ。

だから8選手全員の部屋でエアコンをつけたのだが、電源が落ちてしまったんだ。

そしたらスタッフは、「一人分しかエアコンはつけられない。フルームの部屋だけしか。」と言ったんだ。

それに憤ったトーマスは、チームの指示を無視してエアコンを自室まで運び、スイッチをつけた。

「電源が落ちなくてラッキーだったよ」

 

これらツールでのエピソードが綴られたゲラント・トーマスの二冊目の自伝『The Tour According to G(Kindle版:¥1,295)が11月1日に発売された。

なお翻訳本が刊行される予定はもちろんない。