「キンタナの身長で、ツールは勝てない」フランス人記者が語る”総合優勝者の法則”

自転車ロードレース専門ポッドキャスト番組『The Cycling Podcast』の内容を、一部抜粋し、会話の順序を入れ替え翻訳しました。

https://itunes.apple.com/jp/podcast/97-the-press-conference-part-3a-tour-de-france-2018/id665713706?i=1000417092817&mt=2

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

リチャード・モーラ(英国人ジャーナリスト):今日はリスナーから質問が来ている。ちょっと聴いてみよう。

リスナー:ハイ!コロンビア人のファンだ!

僕が自転車ロードレースの好きなことの一つに多様性があるんだ。ちっちゃい選手も大きな選手も同じレースで戦える。

これって素晴らしいことだよね?

だけど、最近はフルーム(186cm/68kg)やデュムラン(186cm/71kg)など、同じような体型をした選手しか勝っていないような気がするだ。大きくて、筋肉がある身体つきだ。

僕はもっとイェーツ兄弟や、僕らのキンタナにチャンスがあるスポーツになってほしいと思っている。でも、いまのツールのコースはそんなレイアウトになっていない。これについて、どう思う?

 

リチャード:良い質問だね。そして良い議論だ。自転車ロードレースの良い所は、204cmのコナー・ダンと、164cmのチャベスのような選手が一緒に走れることだと思う。

 

リチャード:だけど、今ツールのトップ4を見てみると、確かに登れて、タイムトライアル力に優れている選手たちばかりだ。小さなピュア・クライマーはいない。

2018年ツールのトップ4 身長/体重
1.ゲラント・トーマス 183cm/71kg
2.トム・デュムラン 186cm/71kg
3.クリス・フルーム 186cm/68kg
4.プリモシュ・ログリッチ 177cm/65kg

フランシス・トマゾー(フランス人ジャーナリスト):

その通りなんだ。僕は自転車ロードレースに非常に長い間関わっているのだけど、

●ファウスト・コッピ(ツール:1949,1952年)
●ジャック・アンクティル(ツール:1957,1961-1964年)
●ミゲル・インデュライン(ツール:1991-1995年ツール)
●ブラッドリー・ウィギンス(ツール:2012年)
●トム・デュムラン(ジロ:2017年)

と言った選手たちが…

リチャード:これタイムトライアルに強い選手でしょ?

フランシス:いや違う。ツールを総合優勝する選手はいつの時代も同じなんだ。良いトラック選手で、パシュートが速くて、タイムトライアルが抜群に速い。そういった選手が山岳を登る為に減量する。それがここ60~70年で起こっていることなんだ。

トム・デュムランもクリス・フルームも体型的には例外でない。これはコッピの時代(1950年代)からずっと変わっていないんだ。ツールで総合優勝する選手のタイプというのは、自転車ロードレースにグランツールというレースが確立して以降、変わっていないんだ。



リチャード:小さな選手も総合優勝はしているだろ?

フランシス:確かにピュアクライマーもツールで勝っている。

●ルシアン・バンインプ(1976年)
●フェデリコ・バーモンテス(1959年)
●マルコ・パンターニ(1998年)

など、だ。

だが、その時のツールにはタイムトライアルがなく、山岳ばかりのツールだった。またブエルタはツールに比べ山岳ステージが多いから、キンタナにはツールより有利かもしれない。

しかし、ツールは長年に渡って、特定の体型に有利になっている。この傾向は変わっていない。

Embed from Getty Images
デュムラン:186cm /トーマス:183cm / フルーム:186cm

リチャード:その意見には同意するが、近年の選手の総合系は痩せ型が多くなってきている。逆にスプリンターは筋肉隆々の選手が増えている傾向があるよね?

フランシス:そうだね。たしかにベルナール・イノー(5勝)やエディ・メルクス(5勝)、ミゲル・インドゥライン(5勝)といったツールを複数回、勝利している選手と比べると、いまの総合系の選手は細身だ。

これはトレンドだね。クライマーしかり、タイムトライアルの選手しかり。スプリンターにもその傾向は見られる。カヴェンディッシュや最近でいうとカレブ・ユアンとかかな。

リチャード:興味深いのは、ではなぜ毎年ツールが始まる前に、ロメン・バルデや、キンタナなどを優勝候補として挙げるのだろうか?

フランシス:それは、先ほど挙げたルシアン・バンインプ、フェデリコ・バーモンテス、マルコ・パンターニと言った選手(ピュアクライマー)が優勝してきたからだろう。

しかし、彼らはツールを一回しか勝っていない。必ずこういった選手が活躍できる年はあるんだ。ゲラント・トーマスも今年は自分のような選手にもチャンスがあるコースの年だったと言っていたが、正直、ゲラント・トーマスはイノーやメルクスに近いだろうね。

 

ーーーーーーー✂ーーーーーーー

この『The Cycling Podcast』が今年一冊の本になった↓