プリモシュ・ログリッチ

「100rpmを越えるな」ログリッチ陥落をランスが徹底分析

言葉がない。みんな言葉が見つからないんじゃないかな。後世に伝えられるレースになったし、過去最高とも言えるかもしれない。と同時に、ヤツ(ログリッチ)に対する同情の悲しみで胸がいっぱいだ。ジョージランス、君は同じ状況にいたことがあるよね?2003年だ。その1週間前のタイムトライアルでタイムを稼がれたウルリッヒと、あまりタイム差がない状態で行うウォームアップはどんな心

「ログリッチはもう終わりかもしれない」ランス・アームストロングが予言するマイヨジョーヌの行方

ここ数年で自転車ロードレース界のご意見番として定着したランス・アームストロングによるポッドキャスト番組「THE MOVE」。ランスが番組中に紹介するスポンサー商品に数が年々増え、いまや番組の1/3が商品紹介になってしまっているものの、ランスの切れ味鋭いコメントと、内部情報とデータに基づく正確な予想を披露するジョージ・ヒンカピーは今年も健在。2週目最終日とな

ジョージ?サム?ベネットを混同した記者にログリッチが神対応!

出直してこい!カレブ・ユアン(ロット・スーダル/26歳)がスプリント勝負を制した2020年ツール・ド・フランス第3ステージのスタート前に、ユンボ・ヴィズマの総合エースであるプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)が知識のないジャーナリストからの質問に対し、神対応を見せた。その様子が収められているのが、この動画だ。

ユンボ・ヴィズマからチェレステカラーが消えた訳

ついに開幕した2020年ツール・ド・フランス。2ヶ月遅れで始まった世界最大の自転車レースの総合優勝最有力と言われているのは前回優勝者のエガン・ベルナル()ではなく、ユンボ・ヴィズマの〜ログリッチ()だ。そのユンボ・ヴィズマが乗るビアンキ OLTRE XR4の色が注目を集めている。ビアンキを象徴するチェレステ・カラーではなく、全体的に黒いのだ。その理由は「1gでも軽くしたい」

ログリッチェがジロで孤立無援なワケ

「チームとスタッフに感謝したい」エースがレースで勝利したときに語る常套句。自転車ロードレースはチームスポーツ。1チーム7〜6人の選手がエースの勝利のために走る。でも、いまジロで総合3位につけているログリッチェが総合優勝したら、チームメイトとスタッフに感謝の意を述べるのだろうか?いや絶対するだろうけど、果たしてそこに心はこもっているのだろうか?