若手を腐す(くさす)ゲラント・トーマス

今年7月に突如として始まった2018年ツール覇者ゲラント・トーマスと同国ウェールズ出身のルーク・ロウによるポッドキャスの番組『Watts Occurring』。

そこで欧州選手権男子TT(エリート)を優勝した注目の若手レムコ・イヴェネプール(ドゥクーニンク・クイックステップ)を、ゲラント・トーマスが辛辣な言葉とともにその才能を称賛した。

ゲラント・トーマス:欧州選手権タイムトライアルの結果を見たんだけど、イヴェネプールとかいうまだ19歳の野郎が勝ったんだってな。ムカつくし、(ここで俺は)嘘の気持ちは言わない

(19歳の選手が勝てるほど欧州選手権は)簡単であるべきじゃない。だろ?

確かに彼の走りは素晴らしかったが…まだガキのくせに。その後?前?に(クラシカ)サンセバスチャンでも勝ったんだろう?

ルーク・ロウ:ああ。

G:なんてこった。

Embed from Getty Images

イヴェネプールは、その5日前に行われたワールドツアーの一つであるクラシカ・サンセバスティアン(1.UWT)にて、ファンアフェルマートなど有力選手を置き去りにする強烈な逃げ切りによって、史上3番目の若さでクラシック初勝利を上げた。

ルーク:両方を簡単に勝ってたね。たいした奴だよ。

G:いい選手だが…目障りだな。俺なんか国内選手権か何かを勝つのに5年もかかったぞ。

ルーク:こっちはプロ8年でまだ苦労してるってのに。

G:笑。

もともと将来有望なサッカー選手だったイヴェネプールは、怪我をきっかけに自転車に転向。まだ発展途上であることは脂肪のついた身体つきから明らかだが(ルフェーベルも「太り過ぎだ」と公に指摘している)、特に今年はハンマーシリーズで大活躍。プロ一年目でここまで7勝を上げている。

G:奴はいまここドイツにいるんだろ?
(ドイツ・ツアーに出場するためドイツ滞在中に収録)

ルーク:ああ。

G:じゃあ見せつけて(シメて)やらないとな。

ルーク:(このドイツ・ツアーで)誰が有力だと思う?何人か良い選手が揃っているだろ?

G:ツールの時のパフォーマンスだったらアラフィリップだろうね。

ルーク:彼にやられるかもしれないね。

G:(同じチームに)クソガキのイヴェネプールもいるだろ?

ルーク:ああ。彼(アラフィリップ)に(調子乗るなと)伝えてもらえば?

G:笑。ていうか、そろそろこういうこと言うの止めないとな。思っている以上の人数がこれを聴いてるみたいだからな。俺たちの家族だけじゃなくて。

ルーク:どうやらそうみたいだね。

G:言っておくけどこれら(全て)ジョークだからな。みんなたまに本気に受け取るからな。

ゲラント・トーマスとイヴェネプールは共に、9月29日(日)にイギリス・ヨークシャーで行われる世界選手権ロードに出場する。