クリス・フルーム

フルームとトーマスがツールに選ばれなかった理由

痺れるぜデイブGM!!!!チームイネオスが8月19日、2020年ツール・ド・フランス(8月29日開幕)に出場する選手を発表した。そのメンバーとは以下の8名。総合エース:エガン・ベルナル(コロンビア)総合エース:リチャル・カラパス(エクアドル)平坦アシスト(キャプテン):ルーク・ロウ(イギリス)平坦アシスト:ディラン・ファ

ディスクブレーキがツールを総合優勝する日はくるのか?

7月9日、チームイネオスが2021年以降クリス・フルーム()と契約を結ばないことを発表。そのわずか一時間後に、今度はイスラエル・スタートアップネイションがフルームの加入を発表した。UCIが定める選手との本契約期間は8月1日からだが、イスラエルはその規則を無視する形で「8月1日に契約する」ことの発表となった。〜年にプロコンチネンタルチームとして発足したイスラエル・スタートアッ

ファンアールトが口撃!そしてフルームが応戦!…一体何が?

最近の若手は威勢がいい。昨年のツール第13ステージで右太ももに深い裂傷を負ったものの、今季は順調な仕上がりを見せているワウト・ファンアールト(ベルギー/25歳)が、ツール4勝のクリス・フルーム(イギリス/34歳)に対し、ツイッター上で挑発した。スペイン・テネリフェ島でトレーニング中のファン

フルームが練習中に子猫を保護「ここに置いてはいけない」

人間性にも隙がない。ゲラント・トーマスとルーク・ロウによるポッドキャスト番組『Watts Occurring』にゲスト出演した、ツール通算4

フルームがビーガン転向宣言?!

フルームが投稿したストーリー(インスタ)が、いま自転車界で話題になっている。11月24日にツール・ド・フランス4度総合優勝者クリス・フルーム(イギリス/34歳)が、自身のインスタグラムのストーリー(24時間で消える投稿)にビーガン用のアイスクリームの写真と共に以下のコメントを投稿した。「Deciede to go #vegan since watching

嫌われ者のイネオス、母国イギリスで歓迎されないワケ

チームスカイ改め、新スポンサーに〜イネオスを迎え新しいスタートを切った、チームイネオス。5月2日に開幕したツアー・オブ・ヨークシャーで撮影された写真が、注目を集めている。「アンチ・フラッキング」その写真には、「FRACK OFF」と書かれたプラカードを掲げた反対派たちが、イネオスのジム・ラトクリフ会長の顔を悪魔(デビル)に模し

【2012年ツール】ブラッド・ウィギンスの反論

ブラッド、ニコ・ロズベルグのポッドキャストでクリス・フルームが、2012年ツール・ド・フランスで、君を信頼することが困難だったと発言した。番組では、ロズベルグとハミルトンとの関係と、君とフルームの関係性を比較して語っていた。一つのチームでの力関係についてだ。言ってくれればよかったのに。笑

クリス・フルームが”育児” を語る。



【2012年ツール】クリス・フルームがウィギンスとの確執を語る

ニコ・ロズベルグ 最大の目標であるツール・ド・フランス優勝の可能性が出てきた時、チームでナンバー2だった。ブラッドリー・ウィギンスがナンバー1だった。でも君のほうが優れていた。その状況を、チームはどうマネジメントしていたのか、君の何を思っていたの?命令に従順に従うのか、あるいは俺が

2018年の人気記事TOP5:下半期【フルームのサドル、トレックの巨大化、サガンの退屈発言etc…】

当ブログ『plenty of...』の人気記事(PV数)をランキング形式で振り返ります。今回は下半期篇(7月1日〜12月27日)。上半期はコチラ。【第5位】

2018年の人気記事TOP5:上半期【サガンのトレーニング法、サルブタモール問題、フルーム嫌いetc…】

 今年2月にリニューアルした当ブログの人気記事をランキング形式でお届けする。2018年12月1日〜12月7日掲載の記事で注目を集めた話題はこちら。 【第5位】