158cmのピドコックが184cmのファンデルプールに勝てるワケ

速い、、、速すぎる。2月1日よりイネオス・グレナディアーズへ加入にしたトム・ピドコックが、インスタグラムにバイクではなくランの走行データをアップした。それによると、5,000mを13分25秒で走ったと…ある。嘘だろ?これは1kmを2分41秒ペースだ。ある程度ランニングをする人ならこの凄まじさが一目でわか

サドルとデュムラン、見つからなかった理想のポジション

トレーニング合宿の最中に「休養」を発表した理由について、デュムランはこう語った。「自転車に乗れば(何かが変わると期待していた)。自転車は好きだ。だから、合宿に行けば正しい気持ちが戻ってくると思ったんだ。気持ち良く乗れると思った。自転車に乗る度、いまとは違った気持ちが訪れることを願っていた。スイッチが切り替わるようにね。だからチーム合宿に来たんだ。だから12

プロ選手のブログが10倍読まれるようになるたった一つの方法

iPhoneのメモにコピペしてスクショして、ツイッターに投稿してください。沢山の応援ありがとうございました

日本人選手がフォロワーを増やすために実践するべき10箇条

フォロワーにとって有益な情報をひたすらに共有し続ける 。これがSNSでフォロワーを増やす唯一の方法です。しかし注意しなければならないことは、決して「フォロワー=ファン」ではないという事実です。いくらフォロワーが多いからといって、その人たちが実際にレース会場に足を運んだり、SNS上で応援してくれる訳ではありません。

カヴェンデッシュが実践する「レゴ」を使った動的瞑想

ストレスを軽減する秘訣を聞かれたカヴェンディッシュはこう答えた。とても古臭く退屈な答えに聞こえるかもしれないが、幼い時からいままで続けているのが、レゴだ。取り憑かれているかと思うぐらいに夢中なんだ。難易度や大きさは関係ないのだと言う。優勝した2009年のミラノ〜サンレモで、その後ティレーノ〜アドリアティコまでの4日間は強制的な休養を送らな

TVには映らない、2020年ツールの隠れたMVP

「今年のツールは変な感じだった。幸運にもエースが総合優勝するツールしか体験したことなかったからね」2015年の5年連続のツール出場となったルーク・ロウ(ウェールズ/30歳)。初出場以来、総合優勝の経験しかなかったロードキャプテンが、総合エースのエガン・ベルナル(コロンビア/23歳)が途中棄権した2020年のツール・ド・フランスを語った。「第2休

「力は技術を凌駕する」世界最強ガンナのTTポジションをウィギンスが解説

「トム・ボーネンとブラッドリー・ウィギンス、ファビアン・カンチェラーラに憧れたイタリア人は、その3人を一纏めにしたような走りでジロのステージを制した」世界選手権個人TT、ジロ開幕戦である個人TT、そしてジロ第5ステージで逃げ切り勝利を上げた若手フィリッポ・ガンナ(194cm/82kg/24歳)を、現地の実況はこう表現した

「エアロポジションは30歳まで」ランスが語る柔軟性の賞味期限

「30歳を越えてあのポジションは不可能だ」そう語るのはツールで幻の7連覇をしたランス・アームストロングは、今年サンウェブとともに飛躍の年となったマルク・ヒルシ(スイス/22歳)のエアロポジションを見て、そう語った。ヒルシの走りが最初に目立ったのは、8月30日のツール・ド・フランス第2ステージ。残り13km地点から飛び出したジュリアン・アラフィリップの飛び出

「監督が犯した最悪の過ち」ケルデルマンの心を折ったある行為とは

ケルデルマンが負けたのはサンウェブの誤ちに原因があるテイオ・ゲイガンハートによる劇的な追い上げ勝利によって幕を閉じた2020年ジロ・デ・イタリア。しかし開幕前に優勝候補として挙げられていたのは、ゲラント・トーマスやフルサン、クライスヴァイク、そしてウィルコ・ケルデルマン。しかしトーマスを皮切りに、有力選手が次々と脱落していく。唯一残っていたケルデルマンも、クイーンステ

6年振りの現役復帰からブエルタ完走〜キャメロン・ウルフの数奇な人生〜

プロとして最後に走ったレースは2014年10月14日に行われたツール・ド・北京。グランツールは2013年のブエルタ・ア・エスパーニャ以来、実に7年振りの復帰戦となった。画像2020年1月31日、イネオスが36歳のオーストラリア人との契約を発表。2日後に迫ったカデルエヴァンス・グレートオーシャン・ロードレースの出場に先立ち、チームへの

【ロンド】日本語と英語の実況&解説を比較してみた

残り500m地点(日本語)実況(別府始氏):かなりここは牽制、スピードゆっくりになっていますが、残り500通過。解説(小俣雄風太氏):さぁトラックのね、スプリント競技のような牽制が入っています。実況:ワウトは完全に後ろを決め込んでいます。さぁそして後ろも後続も勢いづきます。アスグリーンが再び、ここで追走の動き。昨年と同じような場面にな